《本縫い》くせ取り!!

くせ取りは、ダーツを取ってから…と、書こうと思ったけど…

今日は、躾の流れで!!

服も花も、人と同じで、綺麗な気持ちや綺麗な言葉を聞くと、綺麗な花や服が出来上がると言われてます(^^)

特に私が扱う生地は、シルクやウールで、もともと自然から採れる原料を元に作ってるので、細胞レベルでは生きてます(^^)

シルクやウールは、生きているので、綺麗な言葉をかけながら作業するようにしてます!

機械で流れ作業でつくるのと大きな違いが出てくるのは、こういうことですね(^^)

昔の衣装が荒かった(雰囲気)のは、やはり親方がいて、言葉も荒かったから?と、言われています。

この気持ちの部分のものづくり魂、ほんとに大事にしないと、良いものづくりはできませんね(*´-`)

Follow me!

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。