ソーワーについて!

ソーワーの役割とは、仮縫いと本縫いに代表される「縫う」という作業です。

注文洋服の縫う作業のほぼほぼが手縫いです。

1着縫うのに10万針、80時間を要します。

職人さんの歴史や、職人さんの地位なども後々書いていこうと思っております。

また、仮縫いというものが本来は一つのステータスであったのですが、パターンオーダーやイージーオーダーは、もともとの型が決まっているために意味をなさなくなり徐々に衰退してきております。

もう一度、この素晴らしい文化を世に伝えたいので、こちらも詳しく書いていきます。

ご期待ください!

Follow me!

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。