FINTEX of LONDON made in ENGLAND
FINTEX of LONDON
made in ENGLAND

1981年ジョージ・ペンドルによってロンドンのゴールデンスクエアで創業しました。

1989年に息子のチャールズがイングランド北部、西ヨークシャー・ハダースフィールドで、毛織物の商売や製織の技術を学び、その後社長に就任すると、今ではほとんどの生地メーカーが、取り入れている生地の耳(端)に自社の会社名やブランド名を織り込む「耳ネーム」を考案しました。

最高品質の生地を扱う証として責任の所在が判るように、また自社のまがい品が出回らないようにとの思いが込められていたようです。

その後、ヨーロッパの王侯や貴族がこぞって愛用したことから「生地のロールス・ロイス」と呼ばれるまでになりました。

流行に左右されない頑固な「ブリティッシュテイスト」を織り込んだ生地で、北南米、 北欧、東欧、アラブ諸国、アジアと販路を広めて行き、1990年に輸出による偉大な業績をたたえられ、英国で最も名誉ある「英国クィーンズ・アワード賞」の輸出業績部門の栄誉を受けることになりました。

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。