Dominique France made in FRANCE
Dominique France
made in FRANCE

1902年生まれのパリスルカ社のブランドーとして業界に名が通る程パリの超高級へヴィー・シルク使いのネクタイや洋品小物で有名なブランドです。

そのネクタイの最も高価なものは、ネクタイの表面に手縫いの細やかで美しい刺繍が施されていて、私どもの間でも「孤高のブランド」という評価になっています。

「ドミニック・フランス」のリリースする服地は最高級で、テーラーからは「生地の王様」と言われてます。

パリのネクタイメーカー『ドミニック・フランス』は、1939年ピエール・シャロン街58番 地に創立されました。

創業者のルネ・ブランドーはその人生をまさにネクタイ一筋に生きた人でした。

ルネ・ブランドーは自分のブティックを持つにあたり、道義上の問題を考慮してブランドー以外の商標として考えたのが『ドミニック』でした。

元来、聖人の名である『ドミニック』は、男性、女性両方に用いられるポピュラーな名前であり、親しみやすく、耳への響 きも良いことからこのネーミングが選ばれました。

それに、フランス製品であることを端 的に示す“フランス”を合わせて『ドミニック・フランス』というブランドネームが誕生 します。

厚みのあるジャガード織り、輝くシルク、オリジナリティーあふれるモチーフは、ヨーロッパ各国をはじめ アメリカ、アラブ諸国から日本に至るまで幅広くファンを作り、パリのエレガンスを知らしめる事となりました。

その後ブティックではネクタイのほかにシャツ、ナイトガウン、靴下、ハンカチ、アクセサリー、紳士服地、革小物なども手がけるようになり、現在に至っています。

1987年、ルネ・ブランドーが故人となってからも彼が生前育てた後継者たちによって、オリジナリティーを大切にするブランドーの哲学と“ドミニック・フランス”の看板は守り続けられ、現在さらに広がりのある活躍をしています。

超高級品である「ドミニク・フランス」の生地は、一般的に高級生地と呼ばれているメーカーの生地と比べても、別格に個性的であり、その品質の高さは、言うまでもなく、最高ランクと言っても過言ではないと思います

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。