《仮縫い》bespokeとは何ぞや!!

bespokeを訳すと…⁉︎

これは、bespokeに携わる人によって、いろんな解釈がありますね(^^)

私の中でのbespokeは、やっぱり『伝統工芸』ですかね⁉︎

引き継がなくてはならないもの、例えば細部まで手縫いで…とか。

現代に合わせたもの、ゴージライン(襟とラペルのつなぎ目)の高さとか。

実は、日々変化して進歩してる部分があるんですね(^^)

流行りもあれば、廃りもあったり。

ちょっと昔だと肩幅のオーバーサイズであったり、ほんのちょっと前だとピチピチのスタイルであったりですね(^^)

スタンダードなスタイルといっても小さなところで進化してます!

尽きることのない進歩とともに、ずっとずっと日々勉強ですね!!

昨日より今日より明日良いものを作っていく!!=bespokeだったりしますね(^^)

Follow me!

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。