《CANONICO》仮縫いです!

仮縫いの続きです(^^)

私の袖の特徴は袖山を気持ち高くして、背中側の袖ぐりをほぼ平らに近い形にしてます!

今まで気付いてくれたのは、後にも先にも1人だけですね(^^)

小さなこだわりが、センスになりますね!

ハンガー吊るしにジャケットをかけた時によく見るとわかります!

お客様がラガーマンなので、首元はかなり慎重に製図しました。

ボトルや富士山をイメージしたカーブを肩先にかけてイメージすると、ものすごくフィットして、肩が凝らないように工夫してます!

言葉でいうと、肩幅がある撫で肩という印象です。
筋肉が首に集まるので、Tのポイントが高めになってるイメージです!

マニアック過ぎますかね(*´-`)

Follow me!

日本でも数少ない高いレベルの縫製技術で、最高の着心地の一着を製作致します

洋服発祥の地、神戸にて、全ての工程をハンドメイドで仕立てられる紳士服は「神戸洋服」と呼ばれ、他に類を見ない高い縫製技術を持った職人たちに長年に渡り受け継がれてきたものです。

明治より現在に至るまで受け継がれてきた「神戸洋服」を採寸、製図、裁断、仮縫い、縫製等、全ての工程を一貫して製作できる数少ない技術者です。

最高の着心地のオーダースーツを、最高の技術で制作致します。オーダースーツが初めての方も是非お気軽に何でもご相談下さい。